日本の暮らしを楽しむ

WAMONOへいらして頂きました皆様へ。

数あるネットショップの中からWAMONOへいらして頂きまして、ありがとうございます。
WAMONO運営者、水谷美保です。

三重県桑名市でデザイン会社「iCAP三重COARA」を営み、任意団体「桑名女性ネットワーク」を運営しています。

竹山のふもとの、自然豊かな場所で、WAMONOは営まれています。


私たちの仕事(=ビジネス)は、「モノづくり」のお手つだい。

私たちの活動(=社会活動)は、「女性が自分らしい働き方・生き方をうみだす」ための、地域コミュニティづくり。

2つの事業活動を約20年つづけてきました。

どちらも、とても大切な事業活動で、「必ず、社会が必要とするだろう。」という想いのもと継続してきました。



子ども時代から、大人への過程、そして結婚して改めて「女性」という立場で生きてきて、「こういう社会であってほしい。」という想いは募り、強まり、信念となり、仕事と社会活動を続けてきました。

長い時間を経て、共感しあえる仲間が増え、コミュニティが生まれました。

その女性コミュニティから、女性の経験や感性を活かした「ものづくり」や「新しいサービス」を、企業様と共に生み出す事業を行っています。

私自身は、インターネット黎明期からネット事業に関わってきた経験を活かし、WEBやDTPデザイン、映像制作を細々と行っていく中で、同じような想いの母仲間に出会い、さまざまな分野の専門家の女性達とチームを組み、モノやサービスを生み出し商品開発も行うようになりました。


わたしが一番、選びようのない選択肢との葛藤とともに、悶々とした想いを繰り返したのは、自分が母親にになってみて、女性の立場の弱さを身に染みるようになった時期からでした。
家庭を持った時から、子どもが生まれ、また生まれ・・・晩婚化で育児中に親の介護をするようになり・・・と、何度も社会から距離をおかなくてはなくてはならない時期がありました。

仕事を通じて得られていた、ある種の人間的、また社会的な「生きる力」を、別の方向へシフトしなくてはなりませんでした。

しかし、かれこれ20年ほど前。

少しづつでも仕事が続けられたら・・・というお母さん達が集まり、「経験・技能を活かす」 「主婦力を仕事に活かす」という小さな仕事を作り出し、各々の専門とするスモールビジネスが広がりを築くための場づくりを行ってきました。
 


そして、2020年。
女性のためのシェア・スペースを設置。
新しい時代に沿った、女性ならではのアイデアやサービスを提供する事業をスタートいたしました。


私は今、仲間たちと共に、自然に囲まれた地域で、時間や環境にとらわれず、ゆるやかな生活の中でスモールビジネスを営んでいます。

WAMONOは、その中で生まれてきた、桑名の女性達の力を組み合わせ、築き上げてゆく場です。

地域社会を大切に考える人たちが集い、わたしたちの子供たちが安全に安心して生きて行ける、そして私たち自身が健康で元気に笑顔で毎日を送ることのできる地域社会を共に築いてゆくための「発展的コミュニティ事業」となることを目指します。

発展的で、常に新しいことをチャレンジできる事業として。
WAMONOは、皆さまの生活の一部となれるSHOPを目指してゆきます。

WAMONO運営会社 /(株)iCAP三重COARA 代表取締役 水谷美保